ズルッと垂れる鼻水|アレルギー性鼻炎の症状を把握して早めの治療

医者

アレルゲンの確認は重要

ファミリー

アレルゲンを調べる

春先は、スギ花粉症の季節です。スギ花粉症とは、スギ花粉によって引き起こされるアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎等の複合的なアレルギー性疾患のことです。しかし、春先はまだ寒さが厳しく、鼻風邪が流行する季節でもあります。鼻風邪の場合もくしゃみや鼻水、そして鼻詰まりが起こりますから、花粉症に見られるアレルギー性鼻炎との識別が必要になります。そこで、耳鼻咽喉科に行って、鼻風邪なのかアレルギー性鼻炎なのかを調べてもらいましょう。耳鼻咽喉科ではアレルゲンを調べてくれますから、原因がすぐに分かるはずです。アレルゲンというのは、アレルギーを引き起こす直接的な原因物質のことで、スギ花粉症ではスギ花粉がアレルゲンということになります。

パッチテストで行います

耳鼻咽喉科では、アレルゲンの検査はパッチテストで行います。パッチテストは、肌に複数の物質を付着させ、炎症の有無を確認する検査です。要するに、皮膚が赤く腫れた部分に付けた物質が、アレルゲンになるわけです。そして、スギ花粉を付けた部分の肌が赤く腫れていれば、それは鼻風邪ではなく、スギ花粉によるアレルギー性鼻炎である可能性が非常に高いと言えるのです。スギ花粉症だと分かれば、治療のために抗ヒスタミン薬や点鼻薬等を処方してもらえます。また、アレルギー性結膜炎を併発していれば、アレルギー用の目薬も処方してもらえます。アレルゲンが分かれば、アレルゲンに触れないような対策ができますから、アレルゲンの確認は重要なのです。