ズルッと垂れる鼻水|アレルギー性鼻炎の症状を把握して早めの治療

男性

最新記事一覧

アレルゲンの確認は重要

ファミリー

冬や春にかけて見られることがアレルギー性鼻炎があります。これは飛び交う花粉によって炎症がおきていて、これと似ている症状をもつのには鼻風邪があります。そのためセルフ診断が難しく的確にするためにも耳鼻科に行くといいでしょう。

もっと詳しく

耳鼻咽喉科へ行こう

耳

まずは病院へ行くこと

アレルギー性鼻炎の症状は主に鼻水と鼻詰まりの2種類ですが、多くの場合アレルギー症状は鼻以外にも発生し目や皮膚の痒み等を伴います。これらのアレルギー性鼻炎による症状は耳鼻咽喉科に行き治療後、内服薬などを飲めば抑えることが可能です。但しそれをせずに放置すると、頭痛等の身体的症状やイライラといった精神的症状が発生する可能性があります。また、鼻をかみすぎることにより鼻近辺の肌が荒れてしまうというトラブルもおきます。こういったことを避けるためにも早めに病院に行き治療しましょう。それでも仕事や家事が忙しくなかなか病院に行く時間のない方は市販薬で症状を抑えることも可能です。現在は症状や条件等により様々なタイプの鼻炎薬が販売されていますので薬剤師等の専門家のアドバイスを参考にしながら選ぶと良いと思います。また、鼻をかむときは下を向き決して強くかみすぎないなどの注意も必要です。そして使うティッシュは保湿成分の高いものを選ぶと肌トラブルを回避することが可能です。

花粉症シーズン到来

春を迎え暖かくなるとスギ花粉の飛散がピークを迎えるため、本格的な花粉症シーズンに入ります。花粉症の症状も基本的にはアレルギー性鼻炎と相違ありません。3月になると耳鼻咽喉科は混みあいますので、花粉症をお持ちの方は出来るだけ早めに病院に行き、薬を飲み始めることで本格的なシーズン到来の際に症状を和らげることができます。但しアレルギー性鼻炎は何も花粉だけが原因ではないため、病院でアレルギーチェックをし自分のアレルゲンとなる物事を避けるようにしましょう。またマスクは花粉やホコリ等を防ぐ効果としてはあまり期待出来ないというのが最近の考えですが、マスクをすることにより鼻や喉の保湿に繋がるので出来ればマスクをして歩くようにすると良いでしょう。

風邪と間違われる事もある

アレルギー性鼻炎になると、鼻水が留まることなく溢れ出るので大変です。生活に支障が出る事もあるでしょう。他の症状としては呼吸がしづらい程の鼻詰まりなどが挙げられます。こうした鼻炎の症状は風邪と間違われる事もあるのですが、ノドに異変は感じずに鼻だけに違和感がある場合は鼻炎の可能性が高いと言えます。ですので、早めに病院まで足を運ぶようにしましょう。ネット上にある口コミサイトを使えば、人気の病院などがすぐに調べられます。

病院を知っておこう

スポーツ

アレルギーやめまいなど耳に関する病気はとても増えています。そのためいざというときにかかる病院を調べておくことが大事です。新宿には多くの耳鼻咽喉科があるのでどのような病院であるか事前に口コミなどで知っておくといいと思われます。

もっと詳しく

鼻の症状が気になった場合

インテリア

鼻水が多く出たり、鼻が詰まる症状が続いた場合は鼻炎の可能性があります。この場合は耳鼻科を受診しましょう。口コミの人気が高い病院を選ぶことが大切となります。人気の高い病院は、患者の事を第一に考えている傾向があります。

もっと詳しく